大 祓 詞 おおはらえのことば

 「大祓詞」とは、大祓のときに神前で読み上げる祝詞です。平安時代には、毎年6月と12月の晦日に大祓が行われ、親王をはじめ、大臣以下の百官の男女を朱雀門の前の広場に集めて、半年の間における罪や穢れを祓い清めました。
 この大祓は、今日でも宮中や全国の神社で6月と12月の最終日に行われています。

PDFファイルはこちらからダウンロードできます。

 大祓詞-A4.pdf            大祓詞-A3.pdf