大 祓 詞

大祓詞おほはらへのことば

高天原たかまのはら神留かむづます 皇親神漏岐すめらがむつかむろぎ 神漏美かむろみ命以みこともちて 八百萬神等やほよろづのかみたち神集かむつどへにつどたまひ 神議かむはかりにはかたまひて 皇御孫命すめみまのみこと豐葦原瑞穂國とよあしはらのみづほのくにを 安國やすくにたいらけくろしせと 事依ことよさしまつりき さしまつりし國中くぬちに 荒振あらぶ神等かみたちをば 神問かむとはしにはしたまひ 神掃かむはらひにはらたまひて 語問こととひし 磐根いわね 樹根立きねたち くさ片葉かきはをも語止ことやめて あめ磐座放いはくらはなち あめ八重雲やへぐも伊頭いづ千別ちわきに千別ちわきて 天降あまくださしまつりき さしまつりし四方よも國中くになかと 大倭日高見國おほやまとひだかみのくに安國やすくにさだまつりて した磐根いわね宮柱太敷みやばしらふとしきて 高天原たかまのはら千木高知ちぎたかしりて 皇御孫命すめみまのみことみづ御殿仕みあらかつかまつりて あめ御蔭みかげ 御蔭みかげかくして 安國やすくにたいらけくろしさむ國中くぬちに でむあめ益人等ますひとらが あやまをかしけむ種種くさぐさ罪事つみごとは あまつみ くにつみ 許許太久ここだく罪出つみいでむ でば あま宮事以みやごともちて あま金木かなぎ本打もとうり 末打すゑうちて 千座ちくら置座おきくららはして あま菅蔴すがそ本刈もとかち 末刈すゑかりて 八針やはりきて あま祝詞のりと太祝詞事ふとのりとごと

らば あまかみあめ磐門いはとひらきて あめ八重雲やへぐも伊頭いづ千別ちわきに千別ちわきて こしさむ くにかみ高山たかやますゑ 短山ひきやますゑのぼして 高山たかやま伊褒理いぼり 短山ひきやま伊褒理いぼりけてこしさむ こししてば つみつみらじと 科戸しなどかぜあめ八重雲やへぐもはなことごとく あした御霧みぎり ゆふべ御霧みぎりを 朝風あさかぜ 夕風ゆふかぜはらことごと大津邊おほつべ大船おほふねを 舳解へとはなち 艫解ともとはなちて 大海原おほうなばらはなことごと彼方をちかた繁木しげきもとを 焼鎌やきがま敏鎌以とがまもちて はらことごとく のこつみらじと はらたまきよたまこと高山たかやますゑ 短山ひきやますゑより 佐久那太理さくなだり多岐たぎつ 速川はやかわ瀬織津比賣せおりつひめかみ 大海原おほうなばらでなむ なば 荒潮あらしほしほ八百道やほぢ八潮道やしほぢしほ八百會やほあい速開都比賣はやあきつひめかみ 加加呑かかのみてむ 加加呑かかのみてば 氣吹戸いぶきど氣吹戸主いぶきどぬしかみ 根國ねのくに 底國そこのくに氣吹いぶはなちてむ 氣吹いぶはなちてば 根國ねのくに 底國そこのくに速佐須良比賣はやさすらひめかみ 佐須良さすらうしなひてむ 佐須良さすらうしなひてば つみつみらじと はらたまきよたまことを あまかみ くにかみ 八百萬神等共やほよろづのかみたちともに こしせとまを